最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「介護施設」

投稿日時:2010年7月28日 10:19 水曜日

介護の負担を社会全体で担うために、2000年に介護保険制度が導入され、10年が過ぎました。
日本は今後10年間に人口が440万人減る一方、65歳以上の高齢者は650万人増え、世界でも前例のない人口減・超高齢国家になると予測されております。
老夫婦二人の世帯や一人暮らしのお年寄りも、認知症の患者さんも急増し、100万人近い「介護職員」が新たに必要になるといわれております。

大きな社会構造の変化の前に、今必要なのは高齢者に対しての長期的な視野での暮らしの安心を確保するための「介護施設の整備」と「介護人材の確保、処遇の改善」が必要なことは言うまでもありません。
そして忘れてならないのが、これからの高齢化は都市部で急速に進むということです。都市部は地価や人件費が高く経営的に難しく、施設を建てたくても手ごろな土地の取得は困難を極め、都市部での建設は思うように進んでおりません。

そう言った厳しい環境の中、札幌徳洲会グループは「介護老人保健施設」を皮切りに、「特別養護老人ホーム」「グループホーム」「ケア付有料老人住宅」など高齢者向けの介護施設を次々オープンさせております。

さらに、この度23年4月1日開設に向けて、清田区里塚に「地域密着型特別養護老人ホーム」を建設することになり、先般、関係者の皆様にお集まりをいただき、無事「地鎮祭」を終えて8月早々にも着工する運びとなりました。

これからも、「生命だけは平等だ」の理念の基、介護・福祉事業においても「全力投球」し、地域住民のご期待に応えるよう拡大展開していきたいと考えております。

投稿者:事務顧問   矢野 道夫