最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

NO TITLE

投稿日時:2010年1月14日 10:09 木曜日

 「新病院」という言葉は、入職した頃からいつか建つと何度も聞いていた言葉だと思います。振り返ってみると入職時、管理栄養士は4名、栄養指導室は外来から離れた場所にありました。その後、病院が増改築をし、栄養指導室も今の場所に移動しました。その後私自身数か所の施設・病院で経験を積み、昨年4月札幌病院に戻ってきましたが、栄養管理室は管理栄養士8名、栄養士2名になっていました。ずっと札幌病院で働いていたわけではないのですが、12年も働いているとこんなにこの病院も変わっていっているんだなと思いました。
さて本題の「新病院に向けた私の夢」ですが、やはり新しい厨房に期待しています。なんせこの病院ができてからずっと変わらず使っているところなので、今はあちこち故障して修理しながら使っている機具がほとんどです。厨房機器はこのような機会がないと、なかなか新しいものに変わることはないので、やはりおいしい食事を提供する為にもこの新しい厨房は期待しています。あと子供が生まれて初めてその重要性に気付いたのが、授乳室とトイレのおむつ替えスペースと子供と一緒に入れるきれいなトイレです。意外と母と子の二人で出掛けた時には、こういったスペースが結構重要です。病院は診察・会計・薬をもらうまで数時間はいる場所です。お年寄りだけではなくこのような人にも優しい病院であってほしいと思います。

投稿者:栄養管理室主任  澤田 千恵