最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

NO TITLE

投稿日時:2009年11月12日 10:03 木曜日

私が札幌徳洲会病院に入職したのは、今から9年前になります。
その頃の外来は、とても混雑していることが多く薬を渡すまでに時間がかかってしまい、患者さんに不快な思いをさせることが多々あったと思います。現在では、オーダリングシステムが導入され、昔のように外来でお薬の処方箋を患者さんに渡し薬局に持ってきてもらう形式から、パソコンに医師が薬を処方すれば、すぐに薬局にその内容が送信されるようになったので、早い時は患者さんが外来から会計に行き、会計を済ませた頃には薬の用意が出来ていることもあり、患者さんに喜んで帰ってもらえることがあります。とは言っても、混雑時ではやはり待たせてしまうこともあります。患者さんを待たせないのが1番ですが、新病院では、その様なときも患者さんが少しでも気持ちよく待てるような待合室があるといいと思いました。また、薬を渡す窓口ですが、患者さんによっては混雑時など聞きたいことがあっても話しづらかったり、他の患者さんに話を聞かれたくないということがあると思われるので、窓口を増やして薬の説明を聞く時もゆったりとしたスペースで話が出来るようになるといいなと思います。
ただ、建物が良くなっても最終的には働いている人の対応によって病院の印象が大きく変わると思いますので、患者さんが気持良く帰っていただけるような対応を心掛けていきたいです。

投稿者:薬局副主任 竹内 正真