最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「アマリリス」 南 竜二

投稿日時:2017年1月21日 09:45 土曜日

「お前が子供の頃はよく煮え湯を飲まされたよ」
先日、父がため息をつきながら私に幾つかのエピソードを話し始めました。私が小学生の頃、父は事業を興したばかりでなかなか休みがとれなく学校のイベントにはなかなか参加できませんでした。そんな中、仕事の合間をぬって授業参観に来てくれたことがあります。前の日から父は楽しみにしており、どんな服装で行ったらいいのか、知り合いもいない中、どんな態度でいたらいいのか、子供の私から見てもそわそわして落ち着きがありませんでした。

そして当日、授業は音楽。
父はいつもの作業服からは想像もつかないような小奇麗な服装、緊張した面持ちで教室の後ろで立っていました。先生が「ではみんなでアマリリスを吹きましょう」全員立ってリコーダーの演奏が始まりましたが、私の手にはリコーダーがありません。笛を忘れていったのです。忘れ物が笛なだけに隣のクラスの子から借りることも出来ずなす術もないまま授業が始まったのです。今思えば先生も少し気を利かせて合唱にしてくれれば…と思いますが、一時間延々とリコーダーの授業は続き、私はずっと立ちんぼ。そして、ただ立っている私を見に来た父も立ちんぼ。南親子が手に汗握った授業が終わり、みんな親子で帰る中、南親子は別々に帰宅。私が家に帰ると父が焦燥しきった表情で怒ることもなく一言。

「アマリリスってあんなに長い曲なのか…」

投稿者:資材課主任 南 竜二

「高校生の一日職場体験学習」 斉藤 和司

投稿日時:2017年1月11日 08:09 水曜日

新年明けましておめでとうございます。今回のブログ担当は検査室斉藤です。2017年の最初に順番がくるなんて今年はなにか良いことがあるような予感が・・・・。
(因みに私の今年の運勢は100番中26位でした)

早いもので、札幌徳洲会病院も南郷18丁目から大谷地へ移転し、今年の7月で5年が経過します。当院の検査室では、旧病院から札幌市内の市立高校の2年生(2~3名)を毎年秋頃に1日体験学習を受け入れてきました。そこで私なりに、少し感じたことを書かせて頂きます。

当院検査室を体験施設に選んでくれた理由は、様々であり、将来の仕事に医療系に進みたい学生さん、また、実際に臨床検査技師になりたい学生さんもいました。高校2年生ということもあって、卒業後の進路が具体化されています。
自分の高校2年生(○十年前)の時と比べると、凄く目的意識がはっきりとしている感があります。僕の育った田舎では、職場体験(工場見学的な)学習は小学校の時にあり、中学・高校では、ありませんでした。高校生になって実際に自分のなりたい仕事を体験できるなんて素晴らしいと思うのは僕だけでしょうか。

実際の体験内容は、やはり、検査室の見学だけでは、飽きてしまうので、学生さんの希望があれば、採血(生化学・CBC)をして、自分の血液を自分で検査機器にかけ測定し結果を導き出すところまで体験してもらいます。また、血液型検査・口腔内の唾液を用いてのグラム染色、病理・血液・塗抹標本の顕微鏡での観察、超音波検査機器を用いて、心臓の動き、血液の流れ、肝臓・腎臓等の臓器を直接みてもらうことも行っています。

また、ここ最近では、中学生の体験学習も受け入れており、少しでも臨床検査技師の仕事を知ってもらえる良い機会かと思います。たった一日の限られた数時間ではありますが、僕たち検査室のスタッフも学生さんから元気をもらえる一日であり、学生さんの将来に少しでも役に立つことができればと、今後も続けていきたいと思っています。以前読んだ本の中に、「成功という奴は、諦めてベンチに腰をおろした隣に座っている」と書いてありました。将来の成りたい自分になれるよう精一杯諦めずに今を頑張ってほしいです。いつの日か、検査室で一日体験した学生さんが、数年後に当院検査室で働いている日が来るのもそう遠くはないのではと思っています。

今年1年も宜しくお願い致します。 

投稿者:検査技師長 斉藤 和司

「イチゴのラウンドケーキ」 柏木 真志保

投稿日時:2016年12月28日 08:10 水曜日

数年前からXmasにサンタクロースが来るようになった我が家。そんな我が家でH28年12月23日Xmasパーティーが催された。料理をテーブルに並べ、まずは家族で記念撮影。食事後はお待ちかねのXmasケーキの登場だ。息子は大はしゃぎ。僕がケーキを切り分けようとした所、妻から「待った」が掛かった。やれやれ2度目の記念撮影だ。ここから妻と息子の攻防が始まった。

妻がケーキや子供達の配置を終えシャッターを切ろうとするが、息子は待ちきれずにケーキを自分に引き寄せる。息子を叱りつけケーキを元の位置に戻したら、今度は娘が無邪気にケーキに手を伸ばす。僕が傍観していると「記憶は消えちゃうから、写真に残さなきゃ!」とヒソヒソとしかし語気は強く僕に咬みついてくる妻。

何とか撮影も終わり妻が「はい、いいよ。」と一言。その瞬間Merry Christmasと書いてあったチョコレートが息子の口の中に消えた。さらにイチゴに手を伸ばす息子。妻は慌てて「まだ、食べちゃダメ!」(先程の「はい、いいよ」は、写真撮影は終わりという意味だったらしい。)と言ったがもう遅い。後手に回った妻は枝の形をした飾りに付いたクリームを舐めるよう息子に指示を出す。言われた通りにクリームを舐めるが満足しない息子。何とかこれ以上の損失を回避したい妻は次にサンタの砂糖菓子を食べるよう指示。「ケーキの周りのフィルムを剥がして!!」僕に指示を繰り出す妻。言われた通りにする僕。その後も息子はさんざん舐め回した飾りを再度ケーキに飾り付け、フィルムを剥がしたケーキの側面に両方のお母さん指でツンツンする等、怒涛の寄せを見せた。ここに至り風邪をひいて喉を痛めている妻が、文字通り声にならない悲鳴を上げたのだった・・・・・。

その後、楽しくケーキを食べ終えた我が家。次のケーキは新年早々の息子のバースデーケーキ。次は何が起こることやら。

投稿者:医事課係長 柏木 真志保

「『第九』の季節」 樋口 千恵

投稿日時:2016年12月14日 08:46 水曜日

今年もあと半月となり、例年通り忙しい日々を実感しています。そんな中、年末の日本の風物詩「第九」=ベートーヴェンの交響曲第9番の季節です。毎年12月、日本中どこかでほぼ毎日この曲が聴こえる計算になるそうです。
しかしこの年末の風物詩、わが国だけの現象のようです。

先日、念願だった札幌交響楽団の生の「第九」の演奏を聴いてきました。実は生で聴くのは今回が初めてで、過去を振り返ってみても1時間以上のこの長い曲をまともに聴いたことはなく、クラシック好きとしては劣等生だったと思います。

きっかけはこの夏、私の夢の1つ「札響の定期会員になること」が叶ったことです。
仕事を辞めてから実現するかと半ば諦めていましたが日程が私の予定と見事に一致し、毎月中島公園に通っています。その流れに便乗し第九を聴くことができました。歓喜の歌と言われる通り、聴き終わったあとの感激・感動といったら言葉になりません。これほどまでに元気になれる曲をなぜもっと早く聴かなかったのか後悔しました。

ここで私の夢が1つ追加…「いつか第九を歌いたい」
さすがにオーケストラと共演する合唱団は考えられませんが、この時期お風呂場で気持よく口ずさめるようになりたいと思いました。今の世の中ネット検索で簡単にドイツ語のカタカナ読みが出てきますね。来年に向けて頑張ります。

投稿者:資材課係長 樋口 千恵

「思い出すことなど」 岡部 幸男

投稿日時:2016年12月7日 08:17 水曜日

私は本を読むことが好きで、絵本から児童書、古典、ライトノベル、近代小説まで様々なジャンルのものを読みます。就職するまでは沢山の本を読むことができましたが、働いているとなかなか読書の時間が取れない悩みを抱えています。他の読書好きの方も同じ悩みをお持ちだと思います。

在宅訪問を担当させて頂いていた20年ほど前、訪問させていただいた患者様と読書の話になり、「私も若い頃は本が好きだったけれど、仕事や子育て、夫の介護など、忙しくてなかなか時間が取れなかった。全て終わって思う存分、本が読めるようなったと思ったら、目は悪くなっているし、腰も痛いしで、結局読める状態ではなかった。若いうちに時間を作って、読むようにした方がいいですよ。」と助言を頂きました。

そして今、子育てが少し落ち着いて、以前よりは時間がつくれるようになりました。しかし、患者様に教えて頂いた通り、近眼と老眼で目は疲れるし、腰は痛いしで1時間以上の読書ができなくなってしまいました。毎回読書をするたびに、在宅訪問時に頂いた助言を思い出しながらも、短い時間でそれなりの読書を楽しんでいます。若い読書好きの皆さん、本を読むなら若いうちに沢山読みましょう。

投稿者:副薬局長 岡部 幸男