最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「球春到来」 田中 文昭

投稿日時:2017年3月8日 08:50 水曜日

雪解けがじわじわと始まり、いよいよ野球のシーズンになってきました。
プロ野球はオープン戦が始まり、2017ワールドベースボールクラシック(WBC)の開催、選抜高等学校野球大会と、今月から野球が盛りだくさんです。そこで、僭越では御座いますが、プロ野球の順位と高校野球の優勝校を予想させていただきます。

プロ野球
セリーグ                 パリーグ
優勝  巨人               優勝  ソフトバンク
2位  広島               2位  日本ハム
3位  DeNA             3位  ロッテ
4位  阪神               4位  西武
5位  ヤクルト             5位  楽天
6位  中日               6位  オリックス

プロ野球はこの様に予想しました。日本ハムは大谷と有原次第、二人で25勝すれば優勝の可能性あり。セリーグは間違いなく巨人で決まりです。理由などありません。

高校野球
選抜高等学校野球大会(春の甲子園大会)      優勝校  履正社(大阪)
全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)   優勝校  早稲田実(東京)

高校野球ファンの私が予想した優勝校です。センバツは履正社、選手権は早稲田実を予想させていただきました。理由はこうです。

昨年の明治神宮大会で両校は決勝で対戦しております。履正社の圧倒的戦力で早稲田実を撃破、その時のメンバーがそのままセンバツのメンバーです。普通にやれば優勝します。選手権は早稲田実が優勝すると思います。センバツの悔しさをバネにして、最後の夏に清宮選手が燃えないわけがありません。早実は投手力が弱いといいますが、優勝する為に4月に入部するスポーツ推薦の特待生1年生は投手しかいないはず。よって投手力が強化され夏は早稲田実です。 とは言っても、何が起こるかわからないのが高校野球です。

もうすぐ始まるセンバツ大会、北海道代表の札幌第一高校ガンバレ!!

投稿者:総務課 事務次長 田中 文昭

「ツキ(運)」 佐竹 秀幸

投稿日時:2017年3月2日 17:39 木曜日

ツキ(運)というものを意識したことがある方は多いと思います。自分は、20歳ころからツキというものを人一倍意識してきた気がしますので、その感じるところを書きます。変な人の戯言だと思っていただいて結構です。

多くの場合、『ついてる』というのは自分の欲求に合った事象が起きる状態、『ついてない』とは自分の欲求とウラハラの事象が起きることだと思います。ツキは目に見えるものではないため、各人の感じ方による部分が多くを占め、浮き沈みがあり、バイオリズムのような時間的にあるいは空間的に動きのあるものだと思います。ある作家の事例を借りると、赤と青のビーズを瓶に入れて振り続けてもきれいな紫になることはなく、場所によって色の偏りができる。自分はその偏りが運の浮き沈みであると感じています。自身の持つ論理的な思考や確率だけではでは乗り越えられない壁は、その偏りを的確に捉え自分の行動を変化させることにより、超えるチャンスが拡がると思います。

『ついてる』、『ついてない』ことを大いに意識するのは、やはり勝負事でしょうか?何をやってもうまくいく、または、何をやってうまくいかないことを経験した人は多いと思います。長くなるので『ついてる』時のことはここでは書きませんが、『ついてない』時はどうすれば良いでしょうか?自分は不運を脱出するために次のことをすることがあります。『ついてない』時は、自分の行動が負の方向に働くことが多いので、自分の思ったことやセオリーと逆をやってみる。また時には、チャンスに見えて実は罠であったりすることがあるので、我慢して受け流す。

具体例に挙げると
パチンコなら普段座らない嫌いな台に座ってみる
競馬なら予想して通常なら買わない馬を買う
マージャンならあがりに向かわない
野球なら右利きでも左打席に立ってみる(これは次打席、世界観が変わることがあります)
テニスなら相手のいるところを狙ってみる(通常はいないところをねらうでしょ)

・・・あくまで不運・不調を感じた時のことです
これを実行するには、欲を捨てた諦めの精神?と論理・確率無視のオカルトの世界?に少しの間身を置く勇気が必要です。自身の経験的には上記のようなことが転機となって、不運や不調から抜け出すことはありましたが当然100%ではありません。それでもダメなときは負けを受け入れ帰って寝るくらいしか思いつきません。自身が『ついてる』、『ついてない』かを客観視でき事実を受け入れる心と、急ブレーキを駆けそれを行動にうつせる意思がキーポイントで、一喜一憂せず自分の運気がどこにあるかを常に意識することが必要です。頭では解ってるんだけどなかなか行動にうつせない・・・なにか仕事や私生活の縮図のような気もします。たとえウマくいかなくて帰って寝るのにしても、結局のところはそれを行動にうつせるかにかかっています。ツキ(運)を真面目に考えると、頭の中がメビウスの輪状態になりますが、そんなことを考えながら様々なことに興じてみるのも楽しみ方のひとつだと思います。

投稿者:経理課長 佐竹 秀幸

「親離れ子離れ」 岡野 友美

投稿日時:2017年2月22日 08:42 水曜日

親離れとは・・・子供が親元を離れ、自立して生きていこうとすること。
子離れとは・・・子供が成長したとき、親が保護者としての役割を離れ、個人として子供を尊重するようになること。

あぁ...とうとうこの日が来てしまった...今まで、たっぷりどっぷり過ぎる程の愛情を注ぎ込んできた私にとって、とても耐えがたく最高に悲しいことである。市内の専門学校に通っていた息子が、いよいよ就活が始まるという頃、突然「道外就職を希望したい」と言い出した。

私は当然、札幌近辺で就職するものと思っていたので、聞いた時驚きで目が10cmほど飛び出た。それから間もなくあっさりと決まってしまったのである...。えっ?神奈川??こりゃヤバイ!!どうやら息子はとっくに自立ができ、私の気付かぬうちにこっそり親離れしようとしていたのだ。えっ?マジ?私は??やだ、まだ子離れの準備なんて全く出来ていない!どうしよ!!!

決まったその日から号泣の毎日。息子のアホみたいな寝顔でも見てるだけで涙が出る...成人してやっと二人でお酒を飲みに行けるようになったのに...あまりにも寂しすぎる...

しっかりしなくちゃ!!そう自分を奮い立たせながら、息子が旅立つまでの残りの日々を大切に笑いながら過ごして行こうと思う。そして失敗や困難に立ち向かいながらも何かを得ようと頑張る息子を私は静かに見守りながら応援して行きたいと思う。(でも出来るかな?大丈夫かな??毎日morning callとかしちゃったらどうしよう...)もし私が悲しみのあまり鎖骨が浮き出るほど激ヤセしてきたら、みなさん心配して優しく声をかけて下さい。(まっ、100%ありえませんが...。)

っといいつつ、「息子がいなくなったら旅行にでも行く?海外とか行っちゃう~?」っと飲みに行く度、ノリノリで放射線科の受付嬢(?)を誘ってる私。たくさんの大切な友達が勇気を与えてくれるから思ってるより早く子離れ出来ちゃうかも??

投稿者:健診センター主任 岡野 友美

「自由研究」 浅利 伸朗

投稿日時:2017年2月15日 08:11 水曜日

札幌の冬の風物詩である雪まつりも終わり,今年は冬季アジア札幌大会が開催されます.待ち遠しい春はもうすぐでしょうか?子供が小学生になり,今までつきっきりだった子育ても少しずつ手がかからなくなり,ゆっくりできる反面,寂しさも感じる今日この頃です.

さて,小学生になると夏休みや冬休みがあり,休み期間中に『自由研究』をすることが課題になりますが,低学年では子供1人で決めて取り組むことはまだ難しく,アイデアを出して子供と一緒にすることが世のお父さん・お母さんの役割となってきます.

自分も空き瓶のふたで鳴子?みたいな楽器をつくったり,当時流行っていたテレビゲームの紙芝居をつくったりしましたが,親が一緒になってつくってくれた記憶は僅かながら残っています.自分が親になって初めて親の苦労やありがたみが分かると言いますが,『自由研究』もその1つでしょう.

そして,小学1年生の娘は,夏休みには自分の手形でネコをかたち作った絵を書き,冬休みには正月の獅子舞を紙粘土で作って学校へ持っていきました.クラスの中で発表し合い先生に褒められたとうれしそうに話しをする子供の顔をみると喜ばしいです.残念ながら妻のアイデアですが(笑),今年の夏休みには娘と一緒に思い出に残る『自由研究』を作成したいものです.

投稿者:薬局副主任 浅利 伸朗

「ソーシャルワーカー」 上井 奈穂美

投稿日時:2017年1月25日 08:13 水曜日

「ソーシャルワーカーです。」

病院のソーシャルワーカーとして働き、いつの間にか30年を超えてしまいました。こんなに長く続けられると思わず、あっという間の日々でした。30年前は、「ケースワーカー」と呼ばれていましたが、カタカナの聞いたことのない職名でさっぱり通じませんでした。知人は、宛名に「計数 和歌子(けす わかこ)様」と書かれた手紙を受け取ったことがあるそうです。想像すらできない職名だったのでしょう。

「ソーシャルワーカー」は、医療を提供する場・病院の中で、福祉を担当します。平たく言うと、生活面などの心配を支援する「相談係(そうだんがかり)」です。少しは知られるようになりました。

治療(医療)は、知らないことを懸命に聞きますが、教えてもらったことに従うことが多く、一般の方々にとっては専門外の領域です。私たちがお手伝いする生活については、一人一人がエキスパートです。私たちがそれぞれのやり方・考え方を教えてもらい、支援します。それぞれの経験・価値観・文化・環境が世界に一つで、まさに「小説より奇なり」です。お一人お一人の苦労・努力に頭が下がります。そして、どんな時も必ず先に進む道が見つかります。結果的に、励まされるのは私たちです。

昨今、終活とか終末期の意思決定などが話題になっています。最後まで自分らしく生きるのは、なかなか大変なことで、一緒に悩むことも多くなりました。心臓マッサージ、人工呼吸器、胃瘻、IVHなど・・・自分のことも皆さんと一緒に考えておこうと思います。

投稿者:医療福祉連携室係長 上井 奈穂美