最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「私の職場はこんな所」 田名邉 陽平

投稿日時:2013年5月29日 08:01 水曜日

私の所属部署は事務部の医事課です。玄関を入ると正面に見える1階受付の裏に事務所があります。医事課は外来係と入院係に分かれており、外来係は主に外来患者さんの受付、会計を担当し、入院係は退院患者さんの会計を行っております。 事務所内は、窓が無く風通しも良くありません。大変熱いですが節電のためにとエアコン、扇風機等を使わずに汗水垂らし、おでこから汗が滴りビシャビシャな前髪で頑張っています。他部署からは穴にこもったモグラのような印象をもたれるかも知れませんが、そんなことは感じさせない程、皆仲良く笑い声の耐えない明るい事務所だと思います。
その他に男性職員は当直業務があり、夜間にかかりに来られる患者さんの受付対応をおこないます。少ない人数で対応させていただくため患者さんには待ち時間など、ご迷惑をおかけする事もあるかと思いますが、今後とも札幌徳洲会病院をよろしくお願いします。

投稿者:医事課 田名邉 陽平

「私の職場はこんな所」 田中 慎一郎

投稿日時:2013年5月22日 08:06 水曜日

私は経理課に所属しています。同じ事務所内には総務課、資材課があります。事務所内はいろんな個性を持った方たちが集まっており、毎日良い意味で個性がぶつかりあって和気あいあいとしています。メリハリがしっかりあり、とても仕事のしやすい環境です。笑顔の絶えない部署です。

総務、資材、経理はお互い連携が必要な部署です。例えば、資材課から請求書をもらわなければ経理課は振込の手続きができないこと。経理課から給与控除の内容をもらわなければ総務課は給与明細が作成できないことなどたくさんあります。事務所は離れていますが医事課との連携ももちろん大事です。

私は入職して二年目ですが、年齢は27です。入職前は大学卒業後、別の業界の仕事をしたり、公務員予備校に行ったり、アルバイトをしたりと、周りと比べてスタートが遅れていると自覚しています。その遅れを補うために人一倍頑張らなければいけません。

まだまだ至らない点も多いですが、みなさんに食らいつき、悪いところは真似せず、良いところを盗んで成長していきたいです。 

最後は職場の紹介というよりも自分の紹介になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者:経理課 田中 慎一郎

「私の職場はこんな所」 篠島 彩

投稿日時:2013年5月15日 08:01 水曜日

私は“医局クラーク”という部署に勤務しています。
「医局クラークって?どんな仕事をしているの?」とよく聞かれます。確かにあまり知られていないですね…。医局クラークは先生方のお手伝いをしています。書類関係、衣食の準備や業者様とのアポイントメントのやり取りなどしています。常勤、非常勤の先生合わせて100人以上います。私は勤務して4年目になりますが、1度しかお会いしていない先生も中にはいらっしゃるかもしれません…。医局は学校でいう職員室に似ています。もちろんお仕事している先生や休まれている先生もいます。そして机に個性がでます。パソコンだけの机、趣味や家族の写真が飾ってある机、今にも崩れそうな本や書類の山の机などあります。私も人のこと言えません(笑)
私の周りには頼りになる先輩方がたくさんいます。みなさん個性が強いですね…いつも笑いが絶えません。とにかく明るくて元気です。この明るさと元気で頑張っていきたいと思います。

投稿者:医局クラーク 篠島 彩

「私の職場はこんな所」 岩本 典子

投稿日時:2013年5月8日 08:03 水曜日

私は、正面玄関横、綺麗なお花がある扉が目印の医療福祉相談室という場所で勤務しています。患者さん、ご家族、地域の窓口になれるようにと、院内の一等地?の場所にあります。
医療福祉相談室には、5名のソーシャルワーカーがいます。ソーシャルワーカーは、地域の方々、患者さんやご家族の、より良い幸せのために、相談、支援を行う福祉の専門職です。ソーシャルワーカーの仕事を伝える際は、いつも難しい説明になってしまうのですが、簡単に説明すると、「皆様の生活に関するご相談を受けている相談員」です。
患者さんやご家族と、悩み考え、ある日ふと、一緒に何気ない幸せを見つけられときの喜びはとても大きいです。「頑張った!」「自信がついた!」という気持ちになってもらえることが、ソーシャルワーカーとしての私の目標です。
5名という少人数の部署ですが、どの部署にも負けないくらい、温かな気持のスタッフがいる場所だと思います。申し訳ないほど狭い扉で、入りづらい環境だと思いますが、お気軽にソーシャルワーカーにご相談頂ければと思います。

投稿者:医療相談室 岩本 典子

「私の職場はこんな所」 北村 未果

投稿日時:2013年5月1日 08:06 水曜日

私が働いている部署は事務部の医事課です。4月から新入職員を迎え、総勢32名になりました。
医事課の仕事は基本的には患者様の受付・会計・電話対応等を行います。
しかし医事課の一番の仕事は、通称レセプトと呼ばれる診療報酬請求事務を行う事です。
レセプトとは、患者様が窓口で支払った自己負担金以外を健康保険に請求する仕事です。レセプトは患者様一人ずつの診療内容を1カ月分まとめて請求します。月初めの1週間は医事課職員全員で、外来8000件、入院800件程のレセプト請求を行っています。もちろん日常業務もありますので、レセプト期間中は朝から夜まで缶詰状態になり結構大変です。
医療行為や薬剤等にはそれぞれ国で定められた点数がついており、医療費はその点数で算定します。点数表と呼ばれる、点数や解釈が載っている本は4cm程の厚さがあり、中身を全て覚える事は難しい為、日々点数表とにらめっこしながら計算しています。
医療業界では数少ない国家資格のない職種ですが、ある程度の医療知識が必要とされ、思っていた以上に奥が深い仕事だと感じています。
学生時代、自分が思い描いていた医療事務のイメージより、体力的にもハードな仕事ですが、周りの仲間に恵まれここまでやってきました。
今後はより一層、患者様・他職種の方々にご迷惑をお掛けする事のないよう努めていきたいと思います。

投稿者:医事課 北村 未果