最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2012年 11月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5 6 7 8 9
10
11
12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 22
23
24
25
26 27 28 29 30

カテゴリー

サルコペニア

投稿日時:2012年11月26日 07:58 月曜日

筋肉が減少してきた状態をサルコペニアと呼びます。明確な診断基準はありませんが、加齢や数日間の寝たきり生活、炎症性、消耗性疾患で確実に筋力は衰え四肢はやせていきます。有効な筋力トレーニング方法の開発だけではなく高齢者のための栄養学が必要です。
食事は外で買ってきたものを食べているので不自由しませんという人が増えています。忌野きよしろうのデイズリームに乗ってテレビから流れてくる食材はどれもおいしそうですがサルコペニアは確実に増えています。どこかの国のやせ細った子供たちに似た高齢者が今日も運ばれてきます。

ER Ns

投稿日時:2012年11月19日 08:16 月曜日

ER Nsに頭はいらない。フットワークが必要だ。条件反射で動かなければいけない。考えていては遅すぎる。そんな中でも気配りが必要だ。救急隊に対して、医事課職員に対して、そして興奮して駆けつけた患者の家族に対して。そういう意味では頭が良くなければつとまらない。

水たまり

投稿日時:2012年11月13日 07:47 火曜日

雨が上がり22時が過ぎていました。仕事帰りでした。手をつないで歩いている親子連れが前にいました。小さい女の子はお母さんを独り占めできてご機嫌なのか水たまりをよけるたびにケラケラ楽しげな声を上げていました。追い越した時母親が21時勤務を終えた当院の看護師であることに気がつきました。私たちの日常は非日常の中にあります。水たまりが日常に戻してくれました。

外来Ns

投稿日時:2012年11月5日 08:01 月曜日

外来Nsは口元がきりっとしながら目は穏やかな人がいい。患者さんの顔をみながらもコンピューター画面をのぞいている。患者さんが腰が痛いんですと言ったらすかさず足元から腰痛の生活指導パンフをだし、医者が2週間分の処方をしているのをコンピューターで確認するなり○曜日の10時に予約しましたがよろしいですかとその口元から始めて発せられた声が澄んでいる。予約表を渡しながらドアを開け、お気をつけてお帰り下さいとあたたかなまなざしを注ぎ、○曜日お待ちしています、なんて言の葉が最後にでてきたら最高だ。