最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2013年 01月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1
2 3 4
5
6
7 8 9 10 11
12
13
14
15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25
26
27
28 29 30 31

カテゴリー

30年

投稿日時:2013年1月29日 08:12 火曜日

札幌徳洲会病院での研修医生活の2年間が医師としての始まりでした。

内科、外科で多くの情熱あふれる先生方の指導をうけました。その後札幌医大の整形外科で8年間勉強させていただきました。石井,薄井、横串という魅力的な先生のもと整形外科専門医を取得し再び札幌徳洲会にもどり整形外科を開設する機会を得ました。たくさんの患者さんに恵まれました。SSJで1年半働けたのも楽しい思い出です。佐々木先生、江端先生の強い勧誘がなければ再び戻り研修委員長として働くことはありませんでした。それ以来、教育とはなんだ、育てるとはどういうことだ。が私の大きなテーマになりました。院長になってからは理事長に随分ストレッチされたように思います。この21世紀で最高の人間だと理事長を思います。文字盤から伝わってくる一言一言が脳裏に焼き付いています。

多くの患者さんを悲しませるのは承知していますが3月31日で退職することになります。志を同じくする優秀な職員に囲まれ充実した日々を過ごさせてもらいました。患者さんはじめ、この院長の一言を見てこられた方に感謝申し上げます。

自分の選んだ人生を自分らしく生きたい。これからが本当の勝負です。

投稿日時:2013年1月21日 08:54 月曜日

雪が降ったり晴れ間がのぞいたりの日曜日。訪れた孫の顔をながめながらのんびりと過ごしました。今週末は私にとりまして最後になる経営セミナーが東京であります。

20歳

投稿日時:2013年1月15日 08:58 火曜日

20歳になった娘が成人式から帰ってきたと思いきや肌襦袢姿で寝転んで携帯をいじっております。20年前に亡くなった尾崎豊の息子が歌う歌を聴きながら複雑な心境でおります。

世間では

投稿日時:2013年1月7日 08:05 月曜日

世間では正月とスケジュール表に秘書が書いた私の年末年始は29日と2日を日当直で過ごしました。29日の未明の出来事です。ノックの音がしたかしないか定かでないうちに布団をがばっとはがされ、足を90度回転されると同時に膝を90度屈曲されます。そうすることで自然にベットに端座位になっているのです。「先生患者さんですよ」という口元は微笑んでいるようにも見えます。このアンバランスで目が覚めるのです。こんな看護師と仕事ができるのは幸せです。

好きな場所

投稿日時:2012年12月25日 08:04 火曜日

30年前の研修医の時、朝の6時になって患者さんが途切れああこれでしばらく起こされないで眠れると思って医局に戻る途中の渡り廊下からあふれてくる朝焼けがまぶしかったことを良く覚えています。病院が狭くなり渡り廊下の向こうにロッカーができ朝日が差してこなくなった時もほっと心が和む空間でした。今は、仕事が終わり、しょぼしょぼな目をして仕事をしている認定看護師の部屋をのぞいた後高速道路のオレンジの街灯を眺められる廊下が好きな場所です。